ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

新潟日報モア

平屋+屋内の「蔵」という選択

 「家を建てるなら、家族の存在をいつも身近に感じられる平屋がいい」というご主人。「収納がたくさんある家がいい。家事のストレスも少なくしたい」という奥さま。新潟市のW夫妻の希望を形にしたのが「室内に『蔵』のある平屋」でした。

 白をベースにした広々としたLDKは、W夫妻が選び抜いた家具や照明が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。高窓からはふんだんに光が差し込み、「晴れている日の昼間は照明をつける必要を感じませんね」とご主人が言うほどの明るさ。家で寛ぐ時はリビングのソファがご主人の「定位置」ですが、奥さまがキッチンで作業していても、一緒にテレビを見たり、話したりと、コミュニケーションしやすい空間です。

広々としたLDKには、お気に入りの家具を置いた。屋外デッキもつながっている。
ご主人がこだわった間接照明が空間のアクセント。写真手前が「蔵」の出入り口

 「蔵」の出入り口は、ダイニング部分と寝室の2カ所。高さ約1.4m、広さ11畳の「蔵」には、オフシーズンの衣類やスーツケースなど普段使わない物と、お米など食材もストック。ご主人の趣味であるスノーボードやキャンプ道具も収納しています。

これだけの収納スペースがあれば、平屋であっても生活スペースに物があふれて乱雑になることはない

個性的で機能的なデザイン

 動線が短いのも平屋の魅力。キッチンと洗濯をする洗面所に行き来しやすく、「蔵」の食材の出し入れもしやすいので、効率よく家事ができます。季節の衣替えも、寝室と「蔵」がつながっているからラクラク。

ダイニング側に飾り棚が付いた扉で仕切られている「蔵」。キッチンからも出入りしやすい

 ゲストルームにしている畳の部屋は、休日のご主人のお昼寝スペースにも。「畳でごろごろするとリラックスできますね」とご主人は笑顔。畳の部屋は引き戸で仕切ることができ、お客さまはリビングを通らずに、気兼ねなく洗面所と浴室、トイレに行くことができる設計です。

ゲストが泊まる4.5畳の部屋。引き戸でLDKと仕切れる。
洗面所と浴室、トイレにはリビングを通らずに行ける設計

 「蔵」の上の1.5階にワンフロア設けています。2.3畳のロフトが付いた11畳の洋室は、将来の子ども部屋を想定。仕切りを設けて2部屋にすることも可能です。

「蔵」の上、1.5階にある11畳の洋室。2.3畳のロフトが付いている

アフターケアも万全で安心のハウスメーカー

 この家を作ったのはミサワホーム北越。W邸はミサワホーム独自の断熱性の高い「木質パネル構造」を選び、家庭用燃料電池「エネファーム」を導入しています。ご主人は「真冬でも床暖房とエアコン1台で家中暖かいくらい。エネファームで思った以上に電気代を抑えることができています」と話します。

 またご主人が驚いたのは、家が完成した後もミサワホーム北越の「住まいるアドバイザー」が定期的に、長期にわたって住み心地や困っている点などをヒアリングし、相談に乗ってくれること。アフターケアも万全です。新潟県における累計オーナー数がトップという実績も納得できました。

企業情報

ミサワホーム北越

こだわり重視タイプ その他のページ