ハウジング新潟 sumica 新潟の失敗しない家づくり情報サイト

新潟日報モア

暮らしやすさを追求した平屋風の住まい

 「当社に来られるお客様はほとんどの方が何かしらのこだわりを持っていらっしゃいます」とエクセルホームの古寺久徳さんと、スタッフで宅地建物取引士の蓑輪結子さん。

 「ありきたりではない木の平屋」を依頼した新潟市のK夫妻。夫婦それぞれの部屋と、独立した子どもたちが遊びに来た際に泊まれるスペースが必要と、間取りの要望は明確でした。奥さまが「外から干している洗濯物が見えるのは嫌」ということだったので、古寺さんは、使い勝手の良い小屋裏やロフトに見えるような2階のスペースを提案。収納や洗濯物を外に干せない場合の物干しスペースとしてはもちろん、子どもたちのゲストルームとしても活用しています。また、屋根に切り込みを入れて3畳ほどのバルコニーを設けることで、外の視線を気にすることなく洗濯物を干せるようになりました。

普段は洗濯物を干し、子どもたちが来た時はゲストルームになる機能的な空間

 家のメインとなる一階のLDKは吹き抜けにし、開放感を出しました。床はパイン材、天井はシナ合板。中二階への階段前にはヒノキの柱を配し、テレビ台や神棚、玄関の靴箱や脱衣室前の収納棚まで、全て木製のオリジナル造作家具。障子戸の骨組みも一般的な物より細かく組み、部屋のアクセントになっています。

随所に光を取り入れる設計を施したLDK。明るさと開放感に満ちている
夫婦2人の理想をかたちにした、ぴったりサイズの家

住まい手の気持ちに寄り添った「懐かしくて、あたらしい家」

阿賀野市のY夫妻は、それぞれが強いこだわりを持っていました。ご主人は、亡くなったお父さまの建てた古い納屋を活かした住宅リフォームを、奥さまは「愛着のある無印良品の商品でインテリアをトータルコーディネートできる家」を希望。古寺さんは納屋の骨組みを残し、後は全てリフォーム。古くからあった使えるものをこれからの暮らしに合わせてリデザインしていきました。

古い納屋が「無印良品」テイストの家に大変身

LDKの扉の中には、リフォーム中に発見された納屋の伏図(図面)がインテリアとして今も生き続けています。

リフォーム中に発見された伏図(図面)もインテリアとして活躍

 内装は、無印良品の家具や収納用品にサイズを合わせてスペースを作りました。

 キッチンはシンクだけネットで購入し、側面にマグネットが使えるよう造作。シンク下の収納スペースももちろん無印良品で統一されています。

土地から建物まで何でも相談できる

 エクセルホームでは、建築予定地を確認してからプランニングしています。土地家屋調査士でもあり、不動産業も営む古寺さんは、土地に関してもプロ。地盤調査を行った上で必要に応じて地盤改良を施し、安定性が高いベタ基礎で家づくりのベースを築きます。

 面材は、腐食しにくい無機質素材で構成され、透湿性・耐火性・断熱性に優れたダイライトと筋交いを併用した工法で、より耐震性の高い建物を作ります。

 「基礎や構造にこだわるのは、長い年月、安心して暮らせる家で快適に過ごしていただきたいからです」と古寺さん。注文住宅でありながらローコストを実現し、建物だけでなく土地についても相談できるエクセルホーム。営業活動をしなくても、評判を聞きつけたお客さまが途切れないのも納得です。

企業情報

エクセルホーム

住所
新潟市南区上下諏訪木854-7
TEL
025-372-4736

こだわり重視タイプ その他のページ